掲載したシャンプーは実際に購入、使用して評価してます

元美容師の市販シャンプーの評価と成分解析

シャンプー評価

AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプーの評価

更新日:

 

 

 

今回はガイヤ・エヌピー株式会社さんの
AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプーについて
評価させていただきます。

植物由来成分 99%配合
アミノ酸系ノンシリコンシャンプー

ほっとやすらぐシトラス ベルガモット&ネロリの香り(天然精油)

ブドウの種子から得られた脂肪酸をもとにつくられた両性界面活性剤と植物由来のアミノ酸系洗浄成分を配合。髪や頭皮の汚れ、毛穴つまりの原因となる過剰な皮脂をマイルドな洗浄成分ですっきり洗い流します。

『AROMAKIFI(アロマキフィ)』は全ラインアップ製品シリコンはもちろん、硫酸系/石油系界面活性剤、パラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料、動物由来原料を使用していない、植物由来成分のみを配合。香りは「エッセンシャルオイル」だけを使い、合成香料にはない、自然の香り、アロマの香りをバスルームでお楽しみ頂けます。『アロマキフィモイスト&スムース』シリーズは、従来の植物由来成分99%配合、天然の香り(オーガニック認定の天然精油配合)というコンセプトはそのままに、髪と頭皮の糖化に着目! 優れた力を持つぶどうの種から茎までのエキスをホールプラントとして配合しています。植物由来のアミノ酸系洗浄成分で髪と頭皮を優しく洗い、また、グレープシードオイルやポリアミンなど基礎化粧品にも多く使われるスキンケア成分が頭皮もしっかりケア。しなやかで自然なまとまりのある髪に導きます。香りはオーガニックベルガモットとネロリエッセンシャルオイルを使用。世界から集めた珠玉のエッセンシャルオイルの香りをお楽しみください。

と、AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプー
サイトや販売サイトには書かれています。

まずは、成分をチェック

AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプー成分のチェック

 

ガイヤ・エヌピー株式会社
AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプー】全成分表示
水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、BG、パーム核脂肪酸アミドDEA、ブドウ種子アンホ酢酸Na、ココイルグルタミン酸K、テトラオレイン酸ソルベス-60、レスベラトロール、ワイン、ブドウ種子エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、ダイズ芽エキス、ブドウ葉エキス、ブドウ葉/種子/皮エキス、ブドウつるエキス、ココアンホ酢酸Na、グリセリン、カエサルピニアスピノサガム、マルトース、アラビアゴム、シクロデキストリン、カプリルヒドロキサム酸、ジマルトシルシクロデキストリン、ポリクオタニウム-10、クエン酸、マルトシルシクロデキストリン、カプリル酸グリセリル、クエン酸Na、マルトデキストリン、香料、メントール、カラメル、エタノール、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール

ラウロイルメチルアラニンNa

コカミドプロピルベタイン

BG

ココイルグルタミン酸K

ブドウ種子エキス

ブドウ葉エキス

クエン酸

ブドウつるエキス

ブドウ葉/種子/皮エキス

グリセリン

アラビアゴム

シクロデキストリン

カプリル酸グリセリル

クエン酸Na

メントール

カラメル

ペンチレングリコール

レスベラトロール

ワイン

セイヨウオオバコ種子エキス

ダイズ芽エキス

カエサルピニアスピノサガム

カプリルヒドロキサム酸

のような成分は問題ないのですが、

パーム核脂肪酸アミドDEA

ココアンホ酢酸Na

フェノキシエタノール

香料
などは、少々問題ありな成分です。

下記の成分は、問題ありとも問題ないともいえない成分です。

ブドウ種子アンホ酢酸Na

テトラオレイン酸ソルベス-60

マルトース

ジマルトシルシクロデキストリン

マルトシルシクロデキストリン

マルトデキストリン

ポリクオタニウム-10

エタノール

ちなみに、成分の詳細を説明しますと・・・

AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプーの成分の解析と説明

問題ない成分としては

 

 

 

』...蒸留やイオン交換などで精製された水の事を言います。

ラウロイルメチルアラニンNa』...植物性の脂肪酸、ラウリン酸というのを原料に作られるアミノ酸系の洗浄成分です。比較的安全性は高いようです。

コカミドプロピルベタイン』...別名ヤシ脂肪酸アミドプロピルベタインと言い、天然のヤシ油を原料として作られた洗浄成分です。洗ったあともごわつかず、しなやかに仕上がる特性があります。

BG』...1,3-ブチレングリコールの略で水との馴染みがよく、潤いを保ちみずみずしい肌にする目的で使用されています。

ココイルグルタミン酸K』...ヤシ油由来のアミノ酸系の洗浄剤で、その特徴はとてもマイルドに汚れを落とす。洗浄力は控えめ。髪への吸着性があり、洗い上がりはしっとりしあがります。NaやkはTEAと比べるとさっぱりタイプです。 肌と同じ弱酸性で、安全性も高い洗浄剤と言われています。

ブドウ種子エキス』...ブドウの種子から抽出したエキスです。プロアントシアニジンというポリフェノールの一種に強い抗酸化作用があり、毛穴や頭皮の細胞が元気になり髪をいきいきさせる働きがあると言われています。

ブドウ葉エキス』...ご存じの通り、ブドウ科の植物、ブドウの葉から抽出したエキスです。アントシアニンやタンニンを含み、保湿効果や消炎効果、収れん作用などの働きがあると言われています。

ブドウつるエキス』...ブドウのツルから抽出したエキスです。保湿効果に優れていると言われています。

クエン酸』...有機酸の一つで、主に柑橘類などに酸味成分として含まれています。アルカリ性物質の中和(pH値調整)や髪をサラサラにする効果もあります。

ブドウ葉/種子/皮エキス』...ブドウの種子から抽出した油の事を言います。グレープシードオイルとも言います。感触がサラッとしていて肌に非常になじみやすいのが特徴です。ビタミンEやリノール酸、オレイン酸などを多く含み、抗酸化作用の働きに優れていると言われています。

グリセリン』...ヤシの実などの「油脂」を原料として抽出されます。毒性はほとんど無く保湿剤として化粧品などに多く使用されています。

アラビアゴム』...アラビアゴムノキと言う植物の樹皮を傷つけて、そこから分泌される樹液を採取した成分です。乳化安定剤、増粘剤として使用されているようです。

シクロデキストリン』...デンプンに酵素を作用させて作られる成分で、酸化などの劣化を防いだり、添加物の安定剤として使用されているようです。

カプリル酸グリセリル』...バター脂、ヤシ油、羊毛脂に含まれ、また合成でも得られるカプリル酸と、グリセリンとから成る合成物で、口紅やマスカラなどのエモリエント剤として使用されています。

クエン酸Na』...pH調整剤や保湿剤などに使用されていて害のない成分だと言われています。

メントール』...ハッカの葉から抽出している成分で清涼感や強い爽快感がありますが、ただそれだけの働きしかしません。使用している人が効果が出ていると錯覚を起こします。演出効果を出す働きをする成分です。

カラメル』...ブドウ糖や水あめなどの糖類を熱して分解させて作った成分です。淡褐色や他の色素に混ぜて微妙な色を出すのに使います。

ペンチレングリコール』...アルコールの一種で適度な保湿性があり、抗菌効果もあるので防腐剤を低減した化粧品などに使用されています。毒性に関しては低いようです。

レスベラトロール』...ポリフェノールの一種で、ブドウやピーナッツ、ブルーベリーに含まれる。頭皮への弾力性を改善するために使われていると思われるが、健康食品として流通していて飲むことで効果は期待されるが、シャンプーでの効果は不明。

ワイン』...ブドウの果汁を発行させたアルコール飲料。こちらも飲むことで頭皮や毛髪を健康にする効果は期待できるが、シャンプーに入れることでの効果は不明。

セイヨウオオバコ種子エキス』...オオバコ属のセイヨウオオバコの種子から抽出したエキス。タンパク質と糖の結びつきを防ぎ、頭皮のハリを保ち、クスミを減らす効果があると言われている。

ダイズ芽エキス』...ダイズの胚芽から抽出されたエキス。ポリアミンを含み、保湿、細胞活性化させて頭皮のハリを保つ作用があります。

カエサルピニアスピノサガム』...マメ科の植物成分由来で、頭皮の潤いやシャンプーの増粘性をアップするために用いられます。

カプリルヒドロキサム酸』...植物由来のキレート剤。シャンプーの劣化や腐敗を防ぐのに用いられる。

 

 

問題ありな成分としては、、

 

パーム核脂肪酸アミドDEA』...アブラヤシから抽出される脂肪酸とグルタミン酸との混合物のトリエタノールアミン塩からなる洗浄成分ですが合成界面活性剤の部類ですので問題ありな成分とさせていただきました。

ココアンホ酢酸Na』...別名2-アルキル-N-カルボキシメチル-N-ヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタインと呼ばれています。油脂を乳化させる働きがあり、硬水でも洗浄性や起泡性がある成分です。ヘアコンディショニング剤として使用されています。ヤシ油を原料に作られるのですが、合成界面活性剤の部類に入りますので問題ありな成分とさせていただきました。

フェノキシエタノール』...防腐剤で有名な「パラベン」の代わりに防腐効果を高める為に配合されているのですがこれも種類としては「エタノール」と系統が同じですので頭皮に炎症を起こさせ、ささくれ立ったように傷めてしまう可能性が高い成分です。

香料』...厚生労働省が定めた旧表示成分にも加えられているように皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性の高いとされている成分です。

問題ありとも問題ないともいえない成分は、

ブドウ種子アンホ酢酸Na』...ブドウの種子から抽出した成分で石油成分と合成させた合成界面活性剤。マイルドな洗浄力で洗った後もしなやかさを残すと言われています。安全性に関しては不明。

テトラオレイン酸ソルベス-60』...テトラオレイン酸ポリオキシエチレンソルビットとも呼ばれ、水に馴染みやすい乳化剤。ヤシとデンプンを石油成分と合成して作られる合成界面活性剤でもある。シャンプーの成分分離を避けるために用いられたり、泡の弾力性を増加させるために用いられる。安全性に関しては不明です。

マルトース』...主にトウモロコシのデンプンを分解して作られる。麦芽糖(ばくがとう)とも呼ばれ、主に液体を固まりにくくしたり、顆粒を作りやすくするために用いられる。稀に麦由来のものがあり、アレルギー反応を起こす場合がある。

ジマルトシルシクロデキストリン』...馬鈴薯(ばれいしょ)から抽出される天然由来成分。シャンプーを他の成分から混ざりやすくするために用いられる。稀に麦由来のものがあり、アレルギー反応を起こす場合がある。

マルトシルシクロデキストリン』...デンプンを酵素分解して作られる保湿成分。頭皮の潤いを保つために用いられる。稀に麦由来のものがあり、アレルギー反応を起こす場合がある。

マルトデキストリン』...デンプンを加水分解して作られる。腸内での消化・吸収を良くするために用いられるが、ここでは保湿のために使わているのではと思われる。稀に麦由来のものがあり、アレルギー反応を起こす場合がある。

ポリクオタニウム-10』...ヒドロキシエチルセルロースヒドロキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリドエーテルとも言い、トウモロコシなどの繊維よりつくられる成分で毛髪などに付着して保護し薄い皮膜を作り、コンディショニング効果を出す働きがあります。配合率が高くなると髪が重く感じたり、かゆみを感じる原因にもなります。きしまないと謳っているノンシリコンシャンプーやリンスが要らないシャンプー(いわゆるリンスインシャンプー)に高確率で配合されている成分です。

エタノール』...防腐剤で有名な「パラベン」の代わりやパラベンフリーの商品の防腐効果を高める為に配合されたり、天然成分を抽出するときや安定させるときにも使用される成分です。配合量によっては頭皮に炎症を起こさせ、ささくれ立ったように傷めてしまう可能性もある成分です。最近では天然由来のエタノールもありますが、全成分表記からは判断は難しいです。アルコールフリーと謳っている商品で全成分にエタノールを表記しているものも見受けられますがアルコールもエタノールも一緒なのでアルコールフリーではありません。

 

ガイヤ・エヌピー株式会社
AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプー】使用前の頭皮画像

↓ ↓ ↓

ガイヤ・エヌピー株式会社
AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプー】使用後の頭皮画像

↓ ↓ ↓

ガイヤ・エヌピー株式会社

AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプーの評価

 

 

 

指通り      ★★★★☆☆

オススメ度      ★★☆☆☆☆

使用感           ★★☆☆☆☆

毛穴洗浄度   ★★☆☆☆☆

安全度            ★★★☆☆☆

オリジナル度  ★★★★☆☆

総合判定        ★★★☆☆☆

 

 

実際に使用してみた感想ですが、
手に出すと少し茶色がかった透明で、粘性が少なく、すぐに手からこぼれ落ちそうな感じです。

香りはハッカのような香りで、ハッカを薄めたような香りがします。
強い香りではなく、ほのかに香るよりも少し強い香りです。

1回目も2回目も泡立ちは、少し悪く、泡のきめも細かくは感じませんでした。

洗い心地は、スムーズで髪はからむことなく洗えました。

すすぎは、トリートメントのような残留感が少しありましたが、何度もすすぎを
したくなるような残留感ではなく、さらっとすすぎができました。

やはり、不思議とすすぎ後も頭皮がス~とするハッカのような感じがあります。

タオルドライとドライヤーは、ゴワつきやキシみもなく、髪は乾きやすかったです。
髪のしっとり感は、あまり無いかなと思いました。

シャンプー後の頭皮の洗浄状態をカメラで見てみると、毛髪がない部分の皮脂は取れているのですが、
毛穴部分の皮脂はまだ残っていました。

ブドウを主とする売りの成分で、弱いハッカのようなシャンプーが好みの方、手頃な値段で手に入りやすさ
で選ばれる方には向いているシャンプーだと思います。

洗髪後にス~とするようなシャンプーが好まれない方、安全成分だけのシャンプーや
洗浄力を求められている方には全く向いていないシャンプーだと思います。

 

 

ケイコから一言
「デキストリン系は欧州では小麦を使って作られるからアレルギーの問題になったよね。。」

 

サムから一言
「ワインか。口に入れたらブドウ味するかな」

 

 

AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプーを楽天でお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
見当たりませんでした。

 

AROMA KIFI モイスト&スムース シャンプーをAmazonでお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
AROMAKIFI(アロマキフィ)モイスト&エアリー シャンプー 500ml

 

 

-シャンプー評価

Copyright© 元美容師の市販シャンプーの評価と成分解析 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.