掲載したシャンプーは実際に購入、使用して評価してます

パンテーン PRO-V エクストラダメージケアシャンプーの評価

パンテーンPRO-V.jpg

 

 

 

 

今回は、テレビCMの「謎のシャンプーの正体は・・・」
のフレーズでで話題になったP&Gさんの
パンテーン PRO-V エクストラダメージケアシャンプー
評価させていただきます。

 

 

 

 

 

特に傷んだ箇所を集中的に補修し、
髪の根元から毛先まで1本1本ケア。
枝毛、切れ毛、変色した毛先など
ひどく傷んだ髪も美しい髪へ。
カラーやドライヤー、パーマで傷み、
もろく切れやすい髪を補修。
浸透性保湿成分「プロビタミンB5」配合
髪1本1本の芯まてたっぷり浸透。
切れ毛防止複合成分「アミノトリートメント*」配合
ダメージヘアから失われる特有のアミノ酸を
補給・切れ毛を防止。
ダメージ補修成分「ミクロリペア粒子」配合
ひどく傷んだ髪の細部のダメージ箇所を集中補修。
*アミノ酸・ジメチコン
花々と果実がやさしく奏でる可憐な香り。
シャンプー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傷んで弱った髪を1本1本補修するダメージケア用シャンプー
(枝毛・切れ毛)です。
プロビタミンB5、アミノトリートメント配合。
髪1本1本の芯までたっぷり浸透し、ダメージヘアから
失われる特有のアミノ酸を補給、切れ毛を防止します。
また、カラーやドライヤー、パーマで傷み、
もろく切れやすい髪も補修。枝毛、切れ毛、
変色した毛先などひどく傷んだ髪も美しい髪へ。
跡がつかないくらいしなやかな髪に導きます。
花々と果実がやさしく奏でる可憐な香り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●髪の芯まで浸透、しっかり補修。
 ダメージ進行を防ぎ、健康に輝く髪へ。

 

●浸透性保湿成分「プロビタミンB5」配合。
 髪1本1本の芯までたっぷり浸透。

 

●切れ毛防止複合成分「アミノトリートメント」配合。
 ダメージヘアから失われる特有のアミノ酸を
 補修・切れ毛を防止。

 

●ダメージ補修成分「ミクロリペア粒子」配合。
 ひどく傷んだ髪の細部のダメージ箇所を集中補修。

 

●特に傷んだ箇所を集中的に補修し、髪の根元から
 毛先まで1本1本ケア。

 

●枝毛、切れ毛、変色した毛先などひどく傷んだ
 髪も美しい髪へ。

 

●カラーやドライヤー、パーマで傷み、
 もろく切れやすい髪を補修。

 

●花々と果実がやさしく奏でる可憐な香り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「髪のキレイを育てる」という新発想
実感。ひどく傷んだ髪も、毛先まで1本1本集中補修

 

日を追うごとに、毛先まで傷みを知らないような健康に輝く髪へ

 

 

・ダメージの連鎖反応を断ち、それ以上の傷みの進行を防ぐ、
 「高浸透リペアプロビタミン処方」

 

・「アミノトリートメント粒子」を配合。日々のダメージにより
 失われてしまった髪の保護組織を補修

 

・枝毛、切れ毛、もろく切れやすい髪、変色した毛先など、
 カラーやパーマ、ドライヤーで傷んだ髪も補修

 

・ふんわり甘い花々に爽やかな果実を散りばめた香り

 

 

 

 

 

と、パンテーン PRO-V エクストラダメージケアシャンプー
サイトや販売サイトには書かれています。

 

 

まずは、成分をチェック

 

 

 

 

 

 

P&G
パンテーン PRO-V エクストラダメージケアシャンプー】成分
水、ラウレス硫酸アンモニウム、キシレンスルホン酸アンモニウム、ラウロアンホ酢酸Na、ラウリル硫酸アンモニウム、コカミドプロピルベタイン、ジステアリン酸グリコール、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、コカミドMEA、セタノール、香料、ジメチコン、ポリクオタニウム-10、水添ポリデセン、安息香酸Na、EDTA-2Na、パンテノール、パンテニルエチル、リシンHCI、メチルチロシンHCI、ヒスチジン、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン

 

 

 

 

 


コカミドプロピルベタイン
ジステアリン酸グリコール
塩化Na
クエン酸
クエン酸Na
コカミドMEA
セタノール
ポリクオタニウム-10
EDTA-2Na
パンテノール
パンテニルエチル
リシンHCI
ヒスチジン

 

 

のような成分は問題ないのですが

 

 

 

 

 

 

水添ポリデセン
メチルチロシンHCI

 

は不明な成分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ラウレス硫酸アンモニウム
キシレンスルホン酸アンモニウム
ラウロアンホ酢酸Na
ラウリル硫酸アンモニウム
香料
ジメチコン
安息香酸Na
メチルクロロイソチアゾリノン
メチルイソチアゾリノン

 

などは、少々問題ありな成分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、成分の詳細を説明しますと・・・

 

 

 

問題ない成分としては

 

』は蒸留やイオン交換などで精製された水の事を言います。

 

コカミドプロピルベタイン』は天然のヤシ油を原料として作られた洗浄成分です。洗ったあともごわつかず、しなやかに仕上がる特性があります。

 

ジステアリン酸グリコール』はリンゴ酸やクエン酸と同様のフルーツ酸の一種で肌の奥にある真皮中のコラーゲン・エラスチンなどといった細胞を増加させ、真皮を厚くする働きがあります。主に、不透明化剤、保護剤、親油性増粘剤、乳化安定剤、パール化剤などとして使用されています。

 

塩化Na』は食塩として用いられる塩のことで収れん作用があり毛髪のキューティクルを整える働きがあります。

 

クエン酸』は、有機酸の一つで、主に柑橘類などに酸味成分として含まれています。アルカリ性物質の中和(ph値調整)や髪をサラサラにする効果もあります。

 

クエン酸Na』はpH調整剤や保湿剤などに使用されていて害のない成分だと言われています。

 

コカミドMEA』は、ヤシ油から抽出される植物系の成分で製品を安定化させる働きがあります。乳化作用もあるので乳化剤の役割もする成分です。

 

セタノール』はヤシ油や牛脂、鯨脂の還元反応で精製される成分で、乾燥から肌を守るための皮膜を作るなどの働きをします。親水性増粘剤、親油性増粘剤、乳化剤、乳化安定剤として使用されているようです。特にリンス、トリートメントなどに使用され、指通りを保つ目的で使用されています。シャンプーには不必要な成分だと思います。

 

ポリクオタニウム-10』はトウモロコシなどの繊維よりつくられる成分で毛髪などに付着して保護し薄い皮膜を作り、コンディショニング効果を出す働きがあります。

 

EDTA-2Na』はビタミンCの安定化や酸化防止、硬水軟化、殺菌作用などがある成分です。

 

パンテノール』はビタミンBの一つで、毛髪の促進を促す効果があります。皮膚細胞を活性化させる働きもあります。

 

パンテニルエチル』は別名パントテニルエチルエーテル。 パントテン酸の誘導体で、皮膚から吸収されやすい特徴があります。毛母細胞の抗炎症作用や活性作用があると言われています。

 

リシンHCI』は皮膚から分泌されるアミノ酸の一種です。皮膚に弾力性や柔軟性を与える働きがあります。

 

ヒスチジン』は必須アミノ酸の一つで、ヘアコンディショニング成分として使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

不明な成分問題ありな成分としては

 

水添ポリデセン』は高分子の合成ポリマーです。水分を豊富に含み、肌にうるおいを与える働きをします。腐敗・変質しにくい特徴があるようです。安全性が高いと言っている方もおられますが、私の見解では安全性に関しては不明です。

 

メチルチロシンHCI」刺激などを抑制する働きがあるようです。アミノ酸の一種とされているようですが安全性に関しては不明でした。

 

ラウレス硫酸アンモニウム」は陰イオンの合成界面活性剤です。非常に良い泡立ちがあるのですが発ガン要素がある為、問題ありな成分とさせていただきます。

 

キシレンスルホン酸アンモニウム」これは、かなり髪や頭皮に悪影響を及ぼす危険な合成界面活性剤です。シャンプーやリンス、ボディーソープ、化粧品類、歯磨き粉などに使用されている商品がありますがこの成分が配合されている商品(特に肌に直接触れたり口の中に入る物)は避けた方が良いです。

 

ラウロアンホ酢酸Na」は洗浄剤や起泡剤などに使用される合成界面活性剤です。皮膚などに対して刺激は弱いので低刺激シャンプーに使用されていますが、合成界面活性剤ですので問題ありな成分とさせていただきました。

 

ラウリル硫酸アンモニウム」は陰イオン界面活性剤で油性の汚れに対して良い洗浄作用をするのですが発毛障害になる可能性があるとされています。

 

香料」は旧 厚生省(現 厚生労働省)が定めた旧表示成分にも加えられているように皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性の高いとされている成分です。

 

ジメチコン」は化粧品やヘアコンディショニング剤などとして使用される界面活性剤で、柔軟性のある皮膚を保ち髪のダメージを修復して、しなやかでつやのある毛髪にするために用いられますが、毛穴をコーティングしてしまうという弱点があります。頭皮ケアの事を考えるとオススメできない成分です。

 

安息香酸Na」は防腐剤・保存剤・静菌作用として使用されていて皮膚、粘膜、目、鼻、のどに刺激があると言われています。染色体異常の報告もあり、アレルギーを起こすとも言われています。アトピーの人が特に気をつけなければいけない成分です。

 

メチルクロロイソチアゾリノン」「メチルイソチアゾリノン」はパラベンに代わる防腐剤ですが毒性が強く、体内に蓄積しやすいと言われています。パラベンフリーと謳っている商品に使われています。必ず、「メチルクロロイソチアゾリノン」「メチルイソチアゾリノン液」とセットで配合されているようです。

 

 

 

 

 

 

 

P&G
パンテーン PRO-V エクストラダメージケアシャンプー
使用前の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
パンテーンPRO-Vエクストラダメージケアシャンプー使用前画像.jpg

 

 

 

 

 

P&G
パンテーン PRO-V エクストラダメージケアシャンプー
使用後の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
パンテーンPRO-Vエクストラダメージケアシャンプー使用後画像.jpg

 

 

 

 

 

P&G
パンテーン PRO-V エクストラダメージケアシャンプーの評価

 

  指通り      ★★★★☆☆

 オススメ度    ★☆☆☆☆☆

  使用感     ★★★★★☆

毛穴洗浄度    ★☆☆☆☆☆

 

  安全度      ☆☆☆☆☆☆

 総合判定     ★★☆☆☆☆ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず・・・

 

メイド イン タイランド

 

が気になりました。

 

 

 

 

香りは、パンテーン特有の無難な
やさしい香りで良いとは思いました。
当たり障りのない感じです。

 

 

シャンプーの粘性は、少し水っぽいです。

 

 

 

 

泡立ちに関しては、1回目はイマイチでしたが、
2回目のときは普通に良かったです。

 

 

洗っている最中は、
キシむという感じはしませんでしたが、
すすぐ時には若干キシミを感じました。

 

 

 

しかし、タオルドライして乾かすと
髪が絡むという事はなかったので
この点は良いとは思いました。

 

 

ドライヤーで乾かした後のゴワつき感もなく、
髪がサラサラします。
ま、シリコン成分が入っているので当然ですが^^;

 

 

 

毛髪のことばかり謳っているので
頭皮や毛穴の洗浄はどうかなとは
思ってはいましたが・・・

 

やはり落ちていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンプーに香りを求めている方、
パンテーンというブランドが好きな方、
仕上がりにサラサラ感を求めている方
タイ製のシャンプーでも気にならない方
などには向いているシャンプーだと思います。

 

 

 

 

 

 

日本製のシャンプーを使いたい方、
無香料シャンプーを求めている方、
頭皮や髪の健康を意識している方、
頭皮と毛穴の汚れをキッチリ落としたい方
などには向いていないシャンプーだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ブラインドテストをして88%の女性が
「また使いたい」と答えた???
とCMで謳ってますが、本当なのでしょうか・・;

 

 

個人的にはテスト方法の詳細と実際に
使用したアンケート用紙を見てみたい
と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

販売サイト等に

 

枝毛、切れ毛、もろく切れやすい髪、変色した毛先など、
カラーやパーマ、ドライヤーで傷んだ髪も補修

 

など、髪の毛の補修やダメージ防止ばかりアピールしてます。

 

 

 

でも、冷静に考えると。。。それって

 

 

コンディショナーやトリートメントでやることでは!?

 

 

と思うんですけど・・・(-。-;)

 

 

 

 

うたい文句から見れば商品名は
「パンテーンPRO-Vエクストラダメージケアリンスinシャンプー」
の方があっているような気がしました。

 

 

 

↓↓できる限り安いところを掲載しております♫ 

 

 

パンテーン PRO-V エクストラダメージケアシャンプーを楽天でお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
P&G 【PANTENE(パンテーン)】 PRO-V エクストラダメージケア シャンプー (450ml)

 

 

パンテーン PRO-V エクストラダメージケアシャンプーを Amazonでお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
パンテーン プロブイ エクストラダメージケア シャンプー 500g

 

 

Comment (1)
  1. かず より:

    いつも興味深く拝見しております。

    成分に関する幅広い知識に驚くばかりですが、
    どのようにして習得されたのでしょうか。

    差し支えなければ、書籍など情報源を
    紹介いただければうれしいです。

    これからも楽しみにしております。