掲載したシャンプーは実際に購入、使用して評価してます

薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプーの評価

薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプー.jpg

 

 

今回は、カネボウの
薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプーについて
評価させていただきます。

 

 

■頭皮・毛髪すこやか成分
 ジアルキルモノアミン誘導体(保湿)
 グリチルリチン酸ジカリウム(保湿)配合
■頭皮柔軟・天然保湿成分
 センブリ・ニンジンエキス配合

 

 

●育毛剤の効果的な浸透を妨げる頭皮の毛穴の脂や
 汚れをすっきり取り除いて、育毛剤を浸透しやすい
 状態にするフケ・カユミを防ぐ薬用シャンプー

 

●細い髪にコシ・ハリを与え、ボリュームのある髪に保つ

 

●毛髪トリートメント成分が配合されているので
 リンスはいりません

 

 

 

丁子(チョウジ)のつぼみから抽出された
オイゲニルグルコシド[頭皮柔軟(保湿)]を配合。
継続的な使用により、細毛・軟毛などの「髪やせ」を防ぎ、
毛を太く硬く育て、ハリ・コシを与えながら、
毛髪の増加を促進します。

 

 

 

薬用紫電改X.D 浸透力」から、頭皮を清潔・柔軟にし、
育毛剤の効果的な浸透を助ける育毛シャンプー。

 

頭皮の毛穴の脂や汚れをすっきり取り除いて、
育毛剤を浸透しやすい状態にする薬用シャンプー。
毛髪トリートメント成分が配合されているので
リンスの必要もありません。

 

 

 

とホームページや各販売サイトでは書かれていますが、
はたしてどうでしょうか!?

 

 

 

カネボウ
薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプー成分
ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩、ラウリル硫酸アンモニウム、エデト酸、安息香酸塩、パラベン、黄色203号、緑色3号、香料

 

 

ジアルキルモノアミン誘導体
グリチルリチン酸ジカリウム
センブリエキス』『ニンジンエキス

 

のような成分は問題ないのですが

 

 

 

エデト酸

 

の成分に関しては、かなり調べたのですが
安全性に関しては不明でした。

 

 

 

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩
ラウリル硫酸アンモニウム
安息香酸塩
パラベン
黄色203号
緑色3号
香料

 

などは、少々問題ありな成分です。

 

 

 

ちなみに、主な成分の詳細をかいつまんで説明しますと・・・

 

 

問題ない成分としては

 

ジアルキルモノアミン誘導体』は頭皮の血行促進効果も持ち、健康な頭皮づくりを行う成分です。保湿効果もあるようです。

 

 

グリチルリチン酸ジカリウム』はグリチルリチン酸2Kとも言われています。抗炎症、抗アレルギー作用から慢性、急性の皮膚炎に対して効果があり、ニキビや肌荒れのケアなどにも効果がある成分なので問題のない、むしろ良い成分です。

 

 

センブリエキス』はリンドウ科の植物センブリから抽出したエキスです。毛根によく浸透し、育毛作用があるとされています。

 

 

ニンジンエキス』は朝鮮人参から抽出される成分です。血行促進や保湿に優れていると言われています。

 

 

 

 

安全性が不明な成分と、問題ありな成分としては

 

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸塩」は皮膚への刺激は少ないのですが、生成する過程でジオキサンというものが発生します。これは発ガン物質が混入している可能性が高く、ヨーロッパなどでは問題な成分として扱われています。

 

 

ラウリル硫酸アンモニウム」は陰イオン界面活性剤で油性の汚れに対して良い洗浄作用をするのですが発毛障害になる
可能性があるとされています。

 

 

安息香酸塩」は防腐剤・保存剤・静菌作用として使用されていて皮膚、粘膜、目、鼻、のどに刺激があると言われています。染色体異常の報告もあり、アレルギーを起こすとも言われています。アトピーの人が特に気をつけなければいけない成分です。

 

 

パラベン」とはパラオキシベンゾエート(パラオキシ安息香酸エステル)の略称で、多種多様の化粧品に含まれています。パラベンには、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、ベンジルパラベンと5種類あります。ブチル・プロピル・エチル・メチルの順に防腐剤としての効果が高いそうですが、肌への負担も大きいので、化粧品類などではエチル・メチルが主に使われています。パラベンには肌への効能はなく、防腐剤の役割をはたすのですが、パラベンが原因で皮膚障害(アレルギー)を起こすという人がたまにいるようです。

 

 

黄色203号」は癌の原因になる可能性が疑われています。化粧品への配合は認められていますが食品添加物としては認められていない成分です。

 

緑色3号」は一般的には「着色料」して旧表示成分にも加えられていて皮膚に対しての刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性が高いとされている成分です。現在は、ほとんどタール色素という物質が使われています。このタール色素は発癌性や催奇形性の疑いがあるといわれています。コストが安く色彩も鮮やかに出るので企業側から見れば大変重宝されている成分です。(あくまでも企業側からみればの話で、消費者の事は無視している事になります)

 

 

香料」は厚生労働省が定めた旧表示成分にも加えられているように皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性の高いとされている成分です。

 

 

 

 

 

カネボウ
薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプー】使用前の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプー使用前画像.jpg

 

 

 

カネボウ
薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプー】使用後の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプー使用後画像.jpg

 

 

 

カネボウ
薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプーの評価

 

 

  指通り      ★★★☆☆☆

 オススメ度    ★☆☆☆☆☆

  使用感     ★★★☆☆☆

毛穴洗浄度    ★☆☆☆☆☆

 

  安全度      ☆☆☆☆☆☆

 総合判定     ★★☆☆☆☆ 

 

 

 

 

洗っている最中は泡立ちも良くて不快感はなかったのですが
何となくスースー感があって
「あれっ!?もしかしてメントール入ってる?」
「表示成分の中にメントールって載ってなかったよね!?」
「ちゃんと全成分表示しようよ~」と思いました。

 

しかも、
育毛剤の効果的な浸透を妨げる毛穴の汚れを除去し、・・・
と表示している割には画像をご覧の通り頭皮の角質すら
除去されていないのが分かると思います。

 

予想以上に頭皮や毛穴の汚れが落ちていなかったし、
問題ない成分よりも問題ありな成分の方が
多く配合されていたので非常にガッカリしました。
育毛系のシャンプーなのですから、頭皮や人体などに
影響のない成分を使うべきだと思います。

 

 

 

薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプーを楽天でお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
カネボウ 紫電改 薬用紫電改X.D シャンプー

 

 

薬用紫電改X.D 浸透力 シャンプーを Amazonでお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
Amazonでは見当たりませんでした。

 

 

 

 

 

関連記事
No articles