掲載したシャンプーは実際に購入、使用して評価してます

資生堂 金のTUBAKI ヘッドスパ シャンプーの評価

金のツバキ ヘッドスパシャンプー.jpg

 

 

 

 

 

今回は、資生堂さんの
金のTUBAKI ヘッドスパ シャンプーについて
評価させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

●天然のエッセンシャルオイルをブレンド配合
 天然の洗浄・保湿・柔軟成分のヘッドスパ効果で、
 美しい艶髪を生む地肌環境を整えます。

 

●高純度 椿オイルEX配合
 高純度 椿オイルEX※の艶センサー機能で、
 毛先までしなやかにまとまる艶髪へと導きます。
 ※高純度 椿オイルEX(毛髪補修成分)
  ヤマトウツバキ種子油、ヒドロキシエチルウレア、
  (PA/MA)コポリマー

 

●フケ・かゆみをふせぎます

 

●香りは、心身をときほぐすアロマブレンド

 

 

 

 

 

 

 

地肌から美しい艶髪を育む。ヘッドスパ シャンプー。
天然のエッセンシャルオイルをブレンド配合。
天然の清浄・保湿・柔軟成分のヘッドスパ効果で、
美しい艶髪を生む地肌環境を整えます。
高純度 椿オイルEXの艶センサー機能で、
毛先までしなやかにまとまる艶髪へ導きます。
フケ・かゆみをおさえます。
香りは、心身をときほぐすアロマブレンド。

 

 

 

 

 

 

と、TUBAKI ヘッドスパ シャンプーの
サイトや販売サイトには書かれています。

 

 

まずは、成分をチェック

 

 

 

 

 

 

資生堂
TUBAKI ヘッドスパ シャンプー】成分
水、ラウレス硫酸Na、ジステアリン酸グリコール、DPG、ココイルメチルタウリンタウリンNa、コカミドMEA、ココアンホ酢酸Na、コカミドプロピルベタイン、塩化Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、(プロピルトリモニウムクロリドアクリルアミド/ジメチルアクリルアミド)コポリマー、メントール、ヒドロキシエチルウレア、トウツバキ種子油、セージ油、ショウキョウエキス、ツバキ花エキス、ソルビトール、クエン酸、EDTA-2Na、PPG-70グリセリル、エタノール、BG、フェノキシエタノール、安息香酸Na、香料、赤227、黄4、緑201

 

 

 

 

 

 

 

 


ジステアリン酸グリコール
DPG
コカミドMEA
コカミドプロピルベタイン
塩化Na
グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
メントール
ヒドロキシエチルウレア
トウツバキ種子油
セージ油
ショウキョウエキス
ツバキ花エキス
ソルビトール
クエン酸
EDTA-2Na
BG

 

のような成分は問題ないのですが

 

 

 

 

 

ココイルメチルタウリンタウリンNa
(プロピルトリモニウムクロリドアクリルアミド/ジメチルアクリルアミド)コポリマー
PPG-70グリセリル

 

は不明な成分です。

 

 

 

 

 

ラウレス硫酸Na
ココアンホ酢酸Na
エタノール
フェノキシエタノール
安息香酸Na
香料
赤227
黄4
緑201

 

などは、少々問題ありな成分です。

 

 

 

 

 

ちなみに、成分の詳細を説明しますと・・・

 

 

 

問題ない成分としては

 

』は蒸留やイオン交換などで精製された水の事を言います。

 

ジステアリン酸グリコール』はリンゴ酸やクエン酸と同様のフルーツ酸の一種で肌の奥にある真皮中のコラーゲン・エラスチンなどといった細胞を増加させ、真皮を厚くする働きがあります。主に、不透明化剤、保護剤、親油性増粘剤、乳化安定剤、パール化剤などとして使用されています。

 

DPG』はジプロピレングリコール という成分の事で、べたつきが少なく化粧品の伸びや滑りを良くする働きをします。保湿剤として使われているようです。危険性に関しては他の合成品に比べると少なく、環境への負荷も少ないと言われています。

 

コカミドMEA』は、ヤシ油から抽出される植物系の成分で製品を安定化させる働きがあります。乳化作用もあるので乳化剤の役割もする成分です。

 

コカミドプロピルベタイン』は天然のヤシ油を原料として作られた洗浄成分です。洗ったあともごわつかず、しなやかに仕上がる特性があります。

 

塩化Na』は食塩として用いられる塩のことで収れん作用があり毛髪のキューティクルを整える働きがあります。

 

グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド』はインドやパキスタン地方などで栽培される一年生の豆科植物グァーの実からとれる水溶性の天然多糖類で増粘、乳化安定だけではなく毛髪のコンディショニング性を向上させる働きがあります。

 

メントール』はハッカの葉から抽出している成分で清涼感や強い爽快感がありますが、ただそれだけの働きしかしません。使用している人が効果が出ていると錯覚を起こします。演出効果を出す働きをする成分です。

 

ヒドロキシエチルウレア』一般的には尿素と呼ばれています。主にハンドクリームなどに使用されていますが、ダメージ毛などの髪の補修成分として使用しているようです。

 

トウツバキ種子油』はツバキ科の小高木のトウツバキという植物の種子を圧搾して得た油を精製した成分です。保湿効果があるとされています。

 

セージ油』はシソ科の多年草のセージと言う植物の葉から抽出された油で、抗炎症作用や抗菌作用、血行促進作用、育毛効果などの働きをします。

 

ショウキョウエキス』はショウガの根や茎を乾燥させたものから抽出されるエキスで、抗菌作用や抗炎症作用、血行促進作用などがあると言われています。

 

ツバキ花エキス』はツバキの種からではなく、花から抽出したエキスで、抗酸化作用などがあるとされています。シャンプーには直接関わりはありませんが、「シワ」や「たるみ」を予防したり中性脂肪を抑制したりする働きをするようです。

 

ソルビトール』は天然に広く分布する多価アルコールで別名ソルビットと言います。海藻類や柑橘類、バラ科の果物などに含まれている成分です。乾燥に対して水分を一定に保つ働きをします。

 

クエン酸』は、有機酸の一つで、主に柑橘類などに酸味成分として含まれています。アルカリ性物質の中和(ph値調整)や髪をサラサラにする効果もあります。

 

EDTA-2Na』はビタミンCの安定化や酸化防止、硬水軟化、殺菌作用などがある成分です。

 

BG』は1,3-ブチレングリコールの略で水との馴染みがよく、潤いを保ちみずみずしい肌にする目的で使用されています。

 

 

 

 

 

 

不明な成分と問題ありな成分としては

 

ココイルメチルタウリンタウリンNa」はココイルメチルタウリンNaにタウリンを重ね合わせた成分のようです。ココイルメチルタウリンNa自体は問題ない成分なのですが、それにタウリンをあえて重ねているので効果はあると思うのですが、個人的にはいかがなものかと思いましたので、不明な成分とさせていただきました。確か、資生堂さんが特許を持っている成分だと思います。

 

(プロピルトリモニウムクロリドアクリルアミド/ジメチルアクリルアミド)コポリマー」は塩化アクリル酸プロピルトリメチルアンモニウムと吸着材であるジメチルアクリルアミドを合わせた重合体のようです。ジメチルアクリルアミドは接着剤などにも使われている成分なので個人的には良くない成分だと思われるのですが、調べつくせなかった部分があるので、不明な成分とさせていただきました。コンディショニング成分のようです。

 

PPG-70グリセリル」はポリオキシプロピレングリセリルエーテルと言い、洗浄剤や乳化剤などに使用されています。保湿効果やコンディショニング効果もあると言われていますが、安全性に関しては不明です。

 

ラウレス硫酸Na」は陰イオン界面活性剤で洗浄剤や乳化剤や気泡剤などとして使用されているようですが非常に脱脂力が強いので頭皮を傷める可能性が高い成分です。

 

ココアンホ酢酸Na」は油脂を乳化させる働きがあり、硬水でも洗浄性や起泡性がある成分です。これも「ココイルサルコシンNa」同様ヘアコンディショニング剤として使用されています。ヤシ油を原料に作られるのですが、合成界面活性剤の部類に入りますので問題ありな成分とさせていただきました。

 

エタノール」は防腐剤で有名な「パラベン」の代わりに防腐効果を高める為に配合されています。頭皮に炎症を起こさせ、ささくれ立ったように傷めてしまう可能性が高い成分です。

 

フェノキシエタノール」は防腐剤で有名な「パラベン」の代わりに防腐効果を高める為に配合されているのですがこれも種類としては「エタノール」と系統が同じですので頭皮に炎症を起こさせ、ささくれ立ったように傷めてしまう可能性が高い成分です。

 

安息香酸Na」は防腐剤・保存剤・静菌作用として使用されていて皮膚、粘膜、目、鼻、のどに刺激があると言われています。染色体異常の報告もあり、アレルギーを起こすとも言われています。アトピーの人が特に気をつけなければいけない成分です。

 

香料」は厚生労働省が定めた旧表示成分にも加えられているように皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性の高いとされている成分です。

 

赤227」「黄4」「緑201」一般的には「着色料」して旧表示成分にも加えられていて皮膚に対しての刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性が高いとされている成分です。現在は、ほとんどタール色素という物質が使われています。このタール色素は発癌性や催奇形性の疑いがあるといわれています。コストが安く色彩も鮮やかに出るので企業側から見れば大変重宝されている成分です。(あくまでも企業側からみればの話で、消費者の事は無視している事になります)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資生堂
TUBAKI ヘッドスパ シャンプー】使用前の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
資生堂 金のTUBAKI ヘッドスパシャンプー使用前画像.jpg

 

 

 

 

資生堂
TUBAKI ヘッドスパ シャンプー】使用後の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
資生堂 金のTUBAKI ヘッドスパシャンプー使用後画像.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

資生堂
TUBAKI ヘッドスパ シャンプーの評価

 

  指通り      ★★★★☆☆

 オススメ度    ★☆☆☆☆☆

  使用感     ★★★☆☆☆

毛穴洗浄度    ★★☆☆☆☆

 

  安全度      ☆☆☆☆☆☆

 総合判定     ★★☆☆☆☆ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りに関しては、少々臭いがキツくて個人的には
好みの香りではありませんでした。

 

例えるなら、ご年配女性のキツイ香水のにおい
のような感じです。

 

 

 

シャンプーの粘性に関しては、程よいと思います。

 

 

シャンプーの液体が金色?黄色?みたいな感じで、
高級感を出しているつもりなのかわかりませんが
冷静にシャンプーとして考えると少し気色悪いと
思いました。

 

 

 

泡立ちに関しては、泡はきめ細かいくていい感じ
ですが、こちらが想像していたよりは泡立ちは
良くなかったです。

 

 

 

洗っている最中はキシむことなく良いと思いました。

 

 

すすぎのときは、前回評価した
h&s ヘッドスパリフレッシュシャンプーより
キシみを感じましたが、極端に気になるという程では
なかったです。

 

 

 

 

 

h&s ヘッドスパリフレッシュシャンプーよりは

 

「ヘッドスパ」しているという感じだけ

 

は体感できるかと思います。

 

 

 

 

頭皮と毛穴の画像はご覧の通りです。

 

頭皮の汚れは思っていたより落ちていますが、
毛穴の方までは落ちていませんでした。

 

 

 

 

 

美しい艶髪を生む地肌環境を整えます
と謳っていますが、その環境は望めないと思います^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高級そうな商品が好きな方、
TUBAKIを愛してやまない方、
ヘッドスパと書いてあればOKな方
には向いているシャンプーだと思います。

 

 

 

 

 

 

安全な製品を求めている方、
抜け毛、薄毛を気にされている方、
毛穴の洗浄を目的で使用される方、
本当にヘッドスパ用として使いたい方
には向いていないシャンプーです。

 

 

 

 

 

 

資生堂 金のTUBAKI ヘッドスパ シャンプーを楽天でお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
厳選椿オイル配合のヘッドスパシャンプーです。直送 TSUBAKI(ツバキ) ヘッドスパ シャンプー …

 

 

資生堂 金のTUBAKI ヘッドスパ シャンプーを Amazonでお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
TSUBAKI ヘッドスパ シャンプー 550mL

 

 

Comment (1)
  1. ミミ より:

    はじめまして。自分の使っているシャンプー(アジエンス)も入っていて興味深く拝見させて頂きました。

    高評価の匠シャンプー(高くて続けられませんでした…f(^^;)など、周りの方や実際の使用感などを含め納得です。

    しかし、普段ドラッグストアなどでしかシャンプーを購入できない身としては、手に入るシャンプーのほとんどが安心できない成分だらけで暗い気持ちになります。

    市販のものでも比較的良心的、特に頭皮に良い影響のもので何かおすすめのシャンプーはありますでしょうか?

    差し支えなければ、コメントは承認して頂かなくてもお教え頂けたらと思います。宜しくお願いします。