掲載したシャンプーは実際に購入、使用して評価してます

ヘアメディカル スカルプD DRYスカルプシャンプー [乾燥肌用]の評価

ヘアメディカル スカルプD DRY スカルプシャンプー SJ22[乾燥肌用].png

 

 

 

 

 

 

今回は、アンファー株式会社さんの
ヘアメディカル スカルプD DRYシャンプー について
評価をさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

頭皮をいたわり保湿する、
乾燥肌用の薬用スカルプシャンプー

 

頭皮に不要な汚れだけを選んで落とす、
選択洗浄性を備えた薬用シャンプー。

 

優しい洗浄成分と自社開発の保湿成分配合で、
頭皮をいたわりながら毛穴の汚れを洗い落とし、
頭皮環境を清浄にします。

 

 

 

 

◆「頭皮を洗う」という観点から研究、
  開発された薬用シャンプーです。

 

同じ頭髪ケアをしても、人によって効果は異なります。
その差は何が原因なのか。

 

検証を重ね、導き出した答えは、
「頭皮の違いが効果の違い」というモノでした。

 

髪の基礎となる各々の頭皮環境に適したケアを行い、
健やかに整えることで髪が生える可能性が高まるという結果を得ました。

 

それが、「頭皮の環境を整えることが、健やかな髪を育てる」。

 

スカルプDのコンセプトです。

 

 

 

 

 

 

 

と、ヘアメディカル スカルプDのサイトには書かれています。

 

 

まずは、成分をチェック

 

 

 

 

 

 

アンファー株式会社
ヘアメディカル スカルプD DRYシャンプー】内容成分
有効成分:ピロクトンオラミン、グリチルリチン酸2K、アラントイン 
その他の成分:豆乳発酵液、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム液、ソルビトール液、アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン、ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド、トリメチルグリシン、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ホウセンカエキス、オオバナサルスベリエキス、ニンジンエキス、水溶性ツボクサエキス、アマチャヅルエキス、クリサンテルムインディクム抽出液、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩、グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体、DL-PCA・Na液、グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液、フィトスフィンゴシン、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、トレハロース、ユーカリ油、ローマカミツレ油、ラベンダー油、オレンジ油、1,2-ペンタンジオール、BG、濃グリセリン、エタノール、無水エタノール、粘度調整剤、pH調整剤                              

 

 

 

 

 

 

 

ピロクトンオラミン
グリチルリチン酸2K
アラントイン
豆乳発酵液
ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液
ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液
ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド
ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム液
ソルビトール液
トリメチルグリシン
ホウセンカエキス
オオバナサルスベリエキス
ニンジンエキス
水溶性ツボクサエキス
アマチャヅルエキス
クリサンテルムインディクム抽出液
N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩
DL-PCA・Na液
グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液
フィトスフィンゴシン
アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム
ステアロイルフィトスフィンゴシン
ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン
トレハロース
ユーカリ油
ローマカミツレ油
ラベンダー油
オレンジ油
1,2-ペンタンジオール
BG
濃グリセリン

 

のような成分などは問題ないのですが

 

 

 

 

 

 

 

 

アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン
ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド
グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体
粘度調整剤
pH調整剤

 

の成分の安全性に関しては不明でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒドロキシエタンジホスホン酸液
エタノール
無水エタノール

 

は問題ありな成分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、成分の詳細を説明しますと・・・

 

 

 

問題ない成分としては

 

ピロクトンオラミン』と言う成分は殺菌作用があり、頭皮の脂が過剰に分泌するのを抑える他に、フケ・カユミを抑え、頭皮を清潔に保つ働きをします。この成分に関しては問題ないと思います。

 

グリチルリチン酸2K』は抗炎症、抗アレルギー作用から慢性、急性の皮膚炎に対して効果があり、ニキビや肌荒れのケアなどにも効果がある成分なので問題のない、むしろ良い成分です。

 

アラントイン』はコンフリーと言う植物の根や葉、小麦の芽などに含まれている成分で、細胞増殖作用があり、保湿効果や抗炎症効果があるとされています。

 

豆乳発酵液』は文字通り、豆乳を乳酸菌で発酵させて作った成分です。イソフラボンを多く含んでいて、髪の発育に欠かせない女性ホルモンに働きかける役割をします。肌にハリやツヤを与える働きもします。

 

ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液』は皮膚や髪に対する刺激が少ない陰イオン性界面活性剤です。滴度な洗浄力と脱脂力を持っていて弱酸性で起泡力や透明性が良く、酸性シャンプーに適しています。

 

ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液』医薬部外品の場合は、こう呼ばれていますが、化粧品などではコカミドプロピルベタインと呼ばれています。天然のヤシ油を原料として作られた洗浄成分です。洗ったあともごわつかず、しなやかに仕上がる特性があります。

 

ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド』はコカミドDEAの事を言います。ヤシ油から抽出した成分で、気泡力や洗浄力・安定性・感触の良さ・粘度を高めるために、他の界面活性剤の補助として配合され、刺激性が少なく安全性の高い成分です。

 

ヤシ油脂肪酸サルコシンナトリウム液』はヤシ油脂肪酸とN-メチルグリシンとを合わせて作られた界面活性剤で、程よい脱脂性と殺菌性があると言われています。皮膚に負担をかけない洗浄とも言われているようです。特有な臭いがあるそうです。

 

ソルビトール液』は天然に広く分布する多価アルコールで別名ソルビットと言います。海藻類や柑橘類、バラ科の果物などに含まれている成分です。乾燥に対して水分を一定に保つ働きをします。

 

トリメチルグリシン』は別名ベタインとも言います。、ビートと言う砂糖大根から分離精製される天然の物質で動植物界に広く存在している成分です。陽イオンと陰イオンの両方をもちあわせた天然の両性界面活性剤で、ヘアケア製品などでは、帯電防止剤やトリートメントの中に配合されています。安全性は高いと言われていて、吸湿性と保水性もあると言われています。

 

ホウセンカエキス』はツリフネソウ科のホウセンカの全草から抽出したエキスで抗アレルギー作用や保湿作用などの働きをすると言われています。

 

オオバナサルスベリエキス』はミソハギ科のオオバナサルスベリと言う植物の葉を乾燥させたものからエタノールで抽出したエキスで収斂作用や美白作用、育毛作用があると言われています。

 

ニンジンエキス』は高麗人参から抽出したエキスで血行促進作用があると言われています。

 

水溶性ツボクサエキス』はマダガスカル原産のツボクサと言う植物から抽出されます。コラーゲン合成促進作用や抗炎症作用があると言われています。

 

アマチャヅルエキス』はウリ科のアマチャヅルと言う植物から抽出したエキスです。昔から民間療法で使用されていました。皮膚の弾力を向上させたり刺激の緩和、保湿などの効果があると言われています。

 

クリサンテルムインディクム抽出液』は南アメリカ原産の植物でゴールデンカモミールと呼ばれています。収斂作用や血行促進作用があると言われています。

 

N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩』は天然アミノ酸系の界面活性剤です。この成分とヒノキチオールを配合することでパラベンや安息香酸Naなどの防腐剤や酸化防止剤に代わる成分として最近になって医薬品や医薬部外品に使用され始めているようです。

 

DL-PCA・Na液』はDL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液と呼ばれています。保湿性がとても高く、様々な化粧品に使用されています。皮膚の柔軟性や

 

グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液』はトウモロコシデンプンから抽出される成分で保湿力が高く水分保持機能を高める働きをします。

 

フィトスフィンゴシン』は角質層にある細胞間脂質、セラミドを構成しているオイルの一種で、肌に潤いを与えてやわらかくします。また、水分の蒸発を防ぐ効果もあるので、エモリエント成分として配合されています。

 

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム』はヒアルロン酸の水酸基にアセチル基を導入させた成分で、スーパーヒアルロン酸とも呼ばれています。角質柔軟化効果に優れていて保湿成分として使われています。

 

ステアロイルフィトスフィンゴシン』は酵母や植物などから作られたセラミドの事を言います。化粧品成分表示名称ではセラミド3と呼びます。保湿や肌を保護する目的として使用されているようです。

 

ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン』これも、ステアロイルフィトスフィンゴシン等のようなセラミドの事を言います。化粧品成分表示名称ではセラミド6、セラミド6IIと呼びます。保湿や肌を保護する目的として使用されているようです。

 

トレハロース』は自然界の多くの動・植物や微生物中に存在する成分です。ヘアケア商品では保湿成分として使用されています。

 

ユーカリ油』は、オーストラリア原産のフトモモ科の植物、ユーカリノキの葉から抽出した成分です。 芳香作用があり抗炎症作用、抗菌作用、血行促進作用、収れん作用があります。

 

ローマカミツレ油』はローマカミツレの種子などから抽出した油の事を言います。抗酸化(SOD様)・ヒアロニダーゼ阻害・コラーゲン産生・育毛(5α)・抗アンドロゲン・抗炎症・抗菌があると言われています。

 

ラベンダー油』はラベンダーの種子から抽出した油の事を言います。。抗炎症作用や抗菌作用、抗酸化作用などの働きをすると言われています。

 

オレンジ油』は、オレンジの果実から抽出した成分です。疲れや緊張を解きほぐす作用のある天然の香料で保湿効果、皮膚の活性化作用、洗浄効果があります。

 

1,2-ペンタンジオール』は適度な保湿性があり、抗菌効果もあるので防腐剤を低減した化粧品などに使用されています。

 

BG』は1,3-ブチレングリコールの略で水との馴染みがよく、潤いを保ちみずみずしい肌にする目的で使用されています。

 

濃グリセリン』はパーム・ヤシから抽出される成分で、吸水性が高く、柔軟作用や保湿作用があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

不明な成分問題ありな成分としては

 

アルキルカルボキシメチルヒドロキシエチルイミダゾリニウムベタイン」は陰イオン性界面活性剤で低刺激なコンディショニング成分ですが安全性に関しては不明です。

 

ヤシ油脂肪酸N-メチルエタノールアミド」は非イオン系の界面活性剤でヤシ油脂肪酸を混ぜて作られる洗浄成分ですが安全性に関しては不明です。

 

グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体」とは保湿効果のある界面活性剤のようです。調べましたが安全性に関して不明でした。

 

粘度調整剤」は文字どおり、粘性を調整するために配合されている成分なのですが、この製品に使用されている粘度調整剤の成分名が分からないようになっているので、不明な成分とさせていただきました。成分名を表記せず「粘度調整剤」としているだけなので場合によっては問題ありな成分を使用している可能性もあります。

 

pH調整剤」はpHを調整させる成分です。「粘度調整剤」同様、この製品に使用されているpH調整剤の成分名が分からないようになっているので、不明な成分とさせていただきました。成分名を表記せず「pH調整剤」としているだけなので場合によっては問題ありな成分を使用している可能性もあります。

 

ヒドロキシエタンジホスホン酸液」は金属イオン封鎖剤で主に化粧品などに使用されている成分で変色や濁り、変質を防ぐ働きをします。毒性があると言われています。

 

エタノール」「無水エタノール」は防腐剤で有名な「パラベン」の代わりに防腐効果を高める為に配合されています。頭皮に炎症を起こさせ、ささくれ立ったように傷めてしまう可能性が高い成分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンファー株式会社
ヘアメディカル スカルプD DRYシャンプー
 使用前の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
ヘアメディカル スカルプD DRYシャンプー SJ22 使用前画像.jpg

 

 

 

 

 

 

アンファー株式会社
ヘアメディカル スカルプD DRYシャンプー
 使用後の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
ヘアメディカル スカルプD DRYシャンプー SJ22 使用後画像.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

アンファー株式会社
ヘアメディカル スカルプD DRYシャンプーの評価

 

  指通り      ★☆☆☆☆☆

 オススメ度    ☆☆☆☆☆☆

  使用感     ★★☆☆☆☆

毛穴洗浄度    ★★★☆☆☆

 

  安全度      ★★☆☆☆☆

 総合判定     ★☆☆☆☆☆ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りに関しては、スカルプD OILYシャンプー
同じで、以前のスカルプDよりも成分的な香りではなく、
ハッカと言うかメントールと言うかスッキリ感のある
香りでした。悪くはない香りだと思います。

 

 

 

 

 

シャンプーの粘性に関しても、スカルプD
OILYシャンプーの粘性と同じで、水ッぽ過ぎず、
ネバッぽ過ぎず、程よい感じだと思います。

 

 

 

泡立ちに関して、1回目、2回目共に
良かったと思います。

 

 

 

洗っている最中はキシみ感は、ほとんどなく
感触としては良かったです。

 

 

 

 

すすぎに関して、泡切れは程よく良かったです。

 

が、

 

すすぎ中の指通りに関しては、以前の
スカルプD DRY シャンプーの時よりも
結構キシみます。

 

シャンプー剤をすすごうと、いつものように
頭皮を指腹を使い、すすぐつもりでしたが
指通りが非常に悪く、指に髪が絡まって
すすぎが結構大変でした。

 

数本でも髪が抜けるのを嫌う方や神経質な方は
ストレスになるかもしれません。

 

今回のリニューアルでは
スカルプD OILYシャンプーとの
使用感の差がほとんど無いように感じました。

 

 

 

タオルドライしてドライヤーで乾かした後は、
スカルプD OILYシャンプー同様に、
若干ゴワつき感がありますが、乾くと髪が
サラサラになりボリューム感が出ます。

 

 

 

 

 

 

頭皮と毛穴の汚れに関しては、ご覧の通り
キシんだ割には、落ちていませんでした。

 

スカルプD OILYシャンプーの時も同じような
感じだったので期待はしてませんでしたけど。。

 

 

 

 

 

 

 

 

髪が増えた錯覚に陥りたい方、
CMのイメージだけで購入される方、
内容成分は抜きにしてボリューム感が欲しい方
には向いているシャンプーだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

安全性を重視したい方、
抜け毛、薄毛で悩んでいる方、
本当に髪のケアや頭皮ケアをしたい方、
などには向いていないシャンプーだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サイト内に

 

効果には個人差があります。
また、頭髪治療との併用で
スカルプD単体の効果ではありません。

 

と書いてます。

 

 

 

 

 

 

↑この意味をよく考えてみたらいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ヘアメディカル スカルプD DRYスカルプシャンプー [乾燥肌用]を楽天でお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
スカルプD 薬用スカルプシャンプー ドライ[乾燥肌用]【医薬部外品】| アンファー アンファ アンファーストア メンズ スカルプDシャンプー ふけかゆみ 抜け毛 薄毛 頭皮ケア フケ 男性用シャンプー 育毛シャンプー 乾燥 スカルプケア薬用シャンプー スカルプケアシャンプー

 

 

 

ヘアメディカル スカルプD DRYスカルプシャンプー [乾燥肌用]を Amazonでお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
【薬用シャンプー】スカルプD 10代目 スカルプシャンプー ドライ[乾燥肌用]【医薬部外品】