掲載したシャンプーは実際に購入、使用して評価してます

花王サクセス薬用シャンプーエクストラクール の評価

 

サクセス4901301214393.jpg

 

 

今回は、マイナーチェンジをした
花王さんのサクセス薬用シャンプー
エクストラクール
について
評価させていただきます。

 

 

 

 

皮脂除去力アップ!
毛穴につまったアブラを落として、
育毛剤の浸透を助けます。
フケ・かゆみを防ぎ、頭皮・毛髪を清潔に保ちます。
液が頭皮にゆきわたるダイレクトタッチ式容器。
汗のニオイを防ぎます。
超爽快タイプのエクストラクール。

 

 

 

 

 

 

●皮脂除去アップ(当社比)
●頭皮、毛髪の汗臭を防ぎます。
●頭皮から毛穴まで爽快な洗い上がり。
・整髪料がついた髪の汚れもしっかり落とします。
・フケ、かゆみを防ぎます。(オクトピロックス配合)

 

 

 

 

 

 

 

 

と、サクセス薬用シャンプーエクストラクールの
サイトや販売サイトには書かれています。

 

 

まずは、成分をチェック

 

 

 

花王
サクセス薬用シャンプーエクストラクール】成分表示
有効成分:ピロクトンオラミン
その他の成分:精製水、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.o.)液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、エタノール、アルキルグリコシド、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、POE(16)ラウリルエーテル、メントール、トウガラシエキス、ポリオキシエチレントリデシルエーテル、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、無水クエン酸、香料、青1

 

 

 

 

 

 

ピロクトンオラミン
精製水
ラウリン酸アミドプロピルベタイン液
アルキルグリコシド
メントール
トウガラシエキス
無水クエン酸

 

のような成分は問題ないのですが

 

 

 

 

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液
塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース

 

の成分に関しては、かなり調べたのですが
安全性に関しては不明でした。

 

 

 

 

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.o.)液
エタノール
POE(16)ラウリルエーテル
ポリオキシエチレントリデシルエーテル
塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液
香料
青1

 

などは、少々問題ありな成分です。

 

 

 

 

 

ちなみに、成分の詳細を説明しますと・・・

 

 

問題ない成分としては

 

ピロクトンオラミン』と言う成分は殺菌作用があり、頭皮の脂が過剰に分泌するのを抑える他に、フケ・カユミを抑え、頭皮を清潔に保つ働きをします。この成分に関しては問題ないと思います。

 

精製水』は蒸留やイオン交換などで精製された水の事です。

 

ラウリン酸アミドプロピルベタイン液』はラウラミドプロピルベタインの事を言います。天然のヤシ油等を原料として作られているアルカリ性の洗浄剤で泡立ちはとてもマイルドでベビーシャンプーにもよく使われている成分です。

 

アルキルグリコシド』はトウモロコシなどの糖分から作られる界面活性剤で非常に安全性の高い洗浄成分として使用されています。

 

メントール』はハッカの葉から抽出している成分で清涼感や強い爽快感があります。

 

トウガラシエキス』は唐辛子から抽出されるエキスで、強力な血行促進作用があり、育毛剤などに使用されています。

 

無水クエン酸』は果実や野菜などに存在していて、特に柑橘類に多く含まれている成分です。キシミ対策としてシャンプーなどには配合されているようです。

 

 

 

 

 

不明な成分問題ありな成分としては

 

ラウリルヒドロキシスルホベタイン液」は両性界面活性剤で、洗浄剤として使用されていますが安全性に関しては不明です。

 

塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース」はコンディショニング剤として使用されているようですが安全性に関しては今のところ不明です。

 

ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム」これは、危険な合成界面活性剤の1つで、長期間使い続けるとだんだんに毛が細くなって、枝毛・切れ毛・抜け毛が多くなり頭皮障害が起こりハゲやすくなるという成分です。もっと言わせていただくと、皮膚から吸収されてしまうと内臓疾患になると言われています。しかも、アンモニウムと結合して生成されているので人体どころか環境にも良くない成分です。

 

エタノール」は防腐剤で有名な「パラベン」の代わりに防腐効果を高める為に配合されています。頭皮に炎症を起こさせ、ささくれ立ったように傷めてしまう可能性が高い成分です。

 

POE(16)ラウリルエーテル」はポリオキシエチレンラウリルエーテルとも呼ばれていて、洗浄成分や乳化剤などとして使用されています。発ガン物質が混入している可能性が高く、ヨーロッパなどでは問題な成分として扱われています。

 

ポリオキシエチレントリデシルエーテル」はトリデセス-12とも呼ばれていて、洗浄剤や乳化剤としても使用されているようです。浸透性が良く皮膚を透して体内に入り込む可能性があるので少々危険な成分だとも言われています。

 

塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液」は髪の柔軟作用や帯電防止作用などの効果があり、ヘアスタイリング剤等に使用されているのですが、人体と環境に良くない成分と言われていてシャンプーに配合させる成分ではないと思います。

 

香料」は厚生労働省が定めた旧表示成分にも加えられているように皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性の高いとされている成分です。

 

青1」は青色1号とも呼ばれています。一般的には「着色料」して旧表示成分にも加えられていて皮膚に対しての刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性が高いとされている成分です。現在は、ほとんどタール色素という物質が使われています。このタール色素は発癌性や催奇形性の疑いがあるといわれています。コストが安く色彩も鮮やかに出るので企業側から見れば大変重宝されている成分です。(あくまでも企業側からみればの話で、消費者の事は無視している事になります)

 

 

 

 

 

 

 

花王
【サクセス薬用シャンプーエクストラクール】使用前の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
花王サクセス薬用シャンプーエクストラクール 皮脂除去力UP 使用前画像.jpg

 

 

 

 

 

花王
サクセス薬用シャンプーエクストラクール】使用後の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
花王サクセス薬用シャンプーエクストラクール 皮脂除去力UP 使用後画像.jpg

 

 

 

 

 

 

花王
サクセス薬用シャンプーエクストラクールの評価

 

  指通り      ★★☆☆☆☆

 オススメ度    ☆☆☆☆☆☆

  使用感     ★★☆☆☆☆

毛穴洗浄度    ★★☆☆☆☆

 

  安全度      ☆☆☆☆☆☆

 総合判定     ★★☆☆☆☆ 

 

 

 

 

 

 

 

 

香りは、スッキリ爽快!!!的なイメージの香りでした。

 

 

シャンプーは直接頭皮にノズルで塗布するタイプです。

 

シャンプーの粘度がゆるく、出すぎるのがちょっと
気になりました。

 

 

泡立ちに関しては、程よく泡立ち良い印象でしたが、
薬用ソープオブヘアーやスカルプDレディースのような
洗っている時の指通り感は無く、結構キシみます。

 

 

すすいでいる時もキシんで、髪がからみました^^;

 

 

洗っているときは汚れが落ちている?!感がありましたが
画像でみて見ると、それほど皮脂汚れが落ちていませんでした。

 

 

 

成分、洗浄力ともに今一歩って感じですね。。。

 

 

 

 

とにかくトニック系シャンプーが好きな方、

 

指通りより、キシむ感覚が好きな方、

 

認知度、ブランド優先で選ぶ方には

 

向いているシャンプーだと思います。

 

 

 

 

成分の安全性を優先の方、

 

薬用というキーワードだけで判断される方、

 

地肌や毛穴のケア目的の方には

 

オススメできないシャンプーです。

 

 

 

↓↓できる限り安いところを掲載しております♫ 

 

 

花王サクセス薬用シャンプーエクストラクール を楽天でお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
花王 サクセス薬用シャンプー エクストラクール 本体 380ML

 

 

花王サクセス薬用シャンプーエクストラクール を Amazonでお買い求めなら
 ↓ ↓ ↓
サクセス薬用シャンプー エクストラクール 本体 380ml

 

 

Comment (1)
  1. LifeHacker経由で来ました より:

    >「ラウリルヒドロキシスルホベタイン液」
    >の成分に関しては、かなり調べたのですが
    >安全性に関しては不明でした。

    え?

    「ラウリルヒドロキシスルホベタイン液」は
    きっと「ラウリルヒドロキシスルホベタイン」を含む「液体」だから、
    「ラウリルヒドロキシスルホベタイン」だけでググると、
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%83%92%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%99%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3&sourceid=navclient-ff&rlz=1B3GGGL_jaJP293JP293&ie=UTF-8

    一発目に製造元である花王の製品情報ページが
    ひっかかりましたが、、、

    同じ「ラウリル何ちゃらベタイン」である
    「ラウリン酸アミドプロピルベタイン液」(問題ない、と書かれている)と
    「ラウリルヒドロキシスルホベタイン液」(不明と書かれている)の両方のMSDSを
    上に挙げた花王の製品情報ページから拾って呼んでみると、
    両方とも『皮膚刺激・眼の損傷』が書かれていますね。
    しかも貴ページで(問題ない)と書かれている
    「ラウリン酸アミドプロピルベタイン液」のほうが危険性は高いようですよ

    ま、含量にもよるんでしょうが