掲載したシャンプーは実際に購入、使用して評価してます

727 どろパック ヘアエステ EX Ⅰ-Dの評価

727どろパック ヘアエステ EX I-D.jpg

 

 

 

 

 

今回は株式会社 セブンツーセブンさんの
どろパック ヘアエステ EX Ⅰ-Dについて
評価させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

プロ仕様のヘアケアで理想の美髪へ

 

健康で美しい髪を育むためには、土台となる頭皮のケアが重要な
ポイントとなります。
スキンケア発想で開発された「洗う、整える、補う、育てる」
ステップのトータル頭皮ケア製品で、ハリ・コシ・ツヤを
そろえた理想の美髪へ。

 

 

 

 

 

 

特徴
●ダメージケアで、強くしなやかな髪へ

 

●やさしいアミノ酸系シャンプーで洗い、さらに塩素ダメージをケア

 

●洗いながらケア

 

●シリコン除去効果

 

 

 

 

どろ「アルゲコロイド-S」(保湿成分)、光学活性セラミド(毛髪保護成分)、
リピジュア(保護成分)が髪の内外からケア。
アミノ酸系洗浄成分が毛穴のよごれを取り除き、頭皮・毛髪にうるおいを与えます。
傷んだ髪も芯までうるおい、しっとりまとまる髪へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、どろパック ヘアエステ EX Ⅰ-D
サイトには書かれています。

 

 

 

 

 

 

まずは、成分をチェック

 

 

 

 

株式会社 727
どろパック ヘアエステ EX I-D】全成分表示
水、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、BG、コカミドDEA、セテアレス-60ミリスチルグリコール、ココイルグルタミン酸TEA、ジステアリン酸グリコール、褐藻エキス、セージエキス、セラミド3、ポリクオタニウム-51、エトキシジグリコール、PPG-5セテス-10リン酸、クエン酸、クエン酸Na、ステアロイル乳酸Na、ベタイン、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ベントナイト、ポリクオタニウム-10、エタノール、安息香酸Na、フェノキシエタノール、プロピルパラベン、メチルパラベン、香料、酸化鉄

 

 

 

 

 


ラウロイルメチルアラニンNa
ラウラミドプロピルベタイン
BG
コカミドDEA
ココイルグルタミン酸TEA
ジステアリン酸グリコール
褐藻エキス
セージエキス
セラミド3
ポリクオタニウム-51
クエン酸
クエン酸Na
ステアロイル乳酸Na
ベタイン
ベヘニルアルコール
ベントナイト
ポリクオタニウム-10
酸化鉄

 

のような成分は問題ないのですが

 

 

 

 

 

セテアレス-60ミリスチルグリコール
エトキシジグリコール
PPG-5セテス-10リン酸

 

の成分に関しては、かなり調べたのですが
安全性に関しては不明でした。

 

 

 

 

 

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10
エタノール
安息香酸Na
フェノキシエタノール
プロピルパラベン
メチルパラベン
香料

 

などは、少々問題ありな成分です。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、成分の詳細を説明しますと・・・

 

 

問題ない成分としては

 

』は蒸留やイオン交換などで精製された水の事を言います。

 

ラウロイルメチルアラニンNa』は植物性の脂肪酸、ラウリン酸というのを原料に作られるアミノ酸系の洗浄成分です。比較的安全性は高いようです。

 

ラウラミドプロピルベタイン』は天然のヤシ油等を原料として作られているアルカリ性の洗浄剤で、泡立ちがマイルドになると言われています。

 

BG』は1,3-ブチレングリコールの略で水との馴染みがよく、潤いを保ちみずみずしい肌にする目的で使用されています。

 

コカミドDEA』はヤシ油から抽出した成分で、気泡力や洗浄力・安定性・感触の良さ・粘度を高めるために、他の界面活性剤の補助として配合され、刺激性が少なく安全性の高い成分です。

 

ココイルグルタミン酸TEA』はヤシの実から抽出した刺激が少ない成分で水への溶解性がよく、気泡力、洗浄力があります。毛髪の保護作用、修復作用があるといわれています。

 

ジステアリン酸グリコール』はリンゴ酸やクエン酸と同様のフルーツ酸の一種で肌の奥にある真皮中のコラーゲン・エラスチンなどといった細胞を増加させ、真皮を厚くする働きがあります。主に、不透明化剤、保護剤、親油性増粘剤、乳化安定剤、パール化剤などとして使用されています。

 

褐藻エキス』は海藻から抽出される成分で、海藻の種類や組み合わせによって特性は異なりますが、乾燥から肌を守り、ハリを持たせる目的で使用されています。

 

セージエキス』は日本ではサルビアと言われるシソ化の植物で 酸化防止、抗炎症、血行促進、肌荒れ防止などの効果があります。

 

セラミド3』は人の肌に最も適した潤い成分の一つと言われています。低刺激の化粧品や敏感肌用の化粧品などに使用されているようです。

 

ポリクオタニウム-51』は人間の細胞膜の成分に近い水溶性ポリマーで、ヒアルロン酸の2倍の保水力を持っていて水や汗に濡れても保水効果が落ちないと言う特徴があるようです。医療分野でも使用されている成分です。

 

クエン酸』は、有機酸の一つで、主に柑橘類などに酸味成分として含まれています。アルカリ性物質の中和(ph値調整)や髪をサラサラにする効果もあります。

 

クエン酸Na』はpH調整剤や保湿剤などに使用されていて害のない成分だと言われています。

 

ステアロイル乳酸Na』は乳化剤として使用されているようです。食品添加物としても使用されていて安全性が高いと言われています。が、食品添加物としても使用されているからと言って、必ずしも安全とは言い切れない物もあります。

 

ベタイン』は、ビート(砂糖大根)から分離精製される天然の物質であり、動植物界に広く存在している成分です。正式名称:トリメチルグリシンと言います。ベタインは、甘味とうまみにかかわっており、動物ではえび・タコなどの魚介類に、植物では、麦芽・キノコ類などに含まれています。特に、アカザ科の植物に多く、ビートもアカザ科に属しています。ベタインは、グリシンと構造が似ており、陽イオンと陰イオンの両方をもちあわせた天然の両性界面活性剤になるため、ヘアケア製品などで、帯電防止剤やトリートメントの中に入れられています。安全性は高いと言われていて、吸湿性と保水性もあります。

 

ベヘニルアルコール』はナタネ油から抽出されたアルコールで、一般的にアルコールと言われるエチルアルコールとは違い、アルコールフリーの化粧品などにも使用される成分です。乳化剤としても使用されているようですが、頭皮ケアや肌荒れ防止などの働きもすると言われています。

 

ベントナイト』はアメリカのワイオミング、ベントン地方で産出される粘土の一種です。微細な粒子で水分を吸着すると体積が増える性質があります。増粘剤や乳化安定剤、清涼感を出す為にも使われたりします。

 

ポリクオタニウム-10』はトウモロコシなどの繊維よりつくられる成分で毛髪などに付着して保護し薄い皮膜を作り、コンディショニング効果を出す働きがあります。

 

酸化鉄』は古くから化粧品などの着色顔料として、主にファンデーションやアイシャドーに使用されています。化粧品グレードのものは、きわめて害が少ないとされていますので、問題ない成分とさせていただきました。

 

 

 

 

 

不明な成分問題ありな成分としては

 

セテアレス-60ミリスチルグリコール」はセトステアリルアルコールに酸化エチレンを付加重合させて作られた成分です。乳化剤や増粘剤としてシャンプーやボディソープ等の粘度の調整に使用されています。 安全性に関しては今のところ不明です。

 

エトキシジグリコール」はジエチレングリコールモノエチルエーテルとも呼ぶアルコールの一種です。溶剤や粘度低下剤、溶解補助剤、補助 乳化剤などとして配合されているようです。毒性は低いとされていますが、蓄積された場合、安全だとは言い難いと思います。

 

PPG-5セテス-10リン酸」はセタノールに酸化エチレン・酸化プロピレンを付加重合させた成分です。乳化剤などに使用されているようですが、調べてみましたが安全性に関しては不明です。

 

ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10」は天然の脂肪酸、ステアリン酸とグリセリンから作られる成分です。乳化剤として使用されているようです。安全性が高い合成界面活性剤と言われていますが、結局のところ合成界面活性剤ですので問題ありな成分とさせていただきました。

 

エタノール」は防腐剤で有名な「パラベン」の代わりに防腐効果を高める為に配合されています。頭皮に炎症を起こさせ、ささくれ立ったように傷めてしまう可能性が高い成分です。

 

安息香酸Na」は防腐剤・保存剤・静菌作用として使用されていて皮膚、粘膜、目、鼻、のどに刺激があると言われています。染色体異常の報告もあり、アレルギーを起こすとも言われています。アトピーの人が特に気をつけなければいけない成分です。

 

フェノキシエタノール」は防腐剤で有名な「パラベン」の代わりに防腐効果を高める為に配合されているのですがこれも種類としては「エタノール」と系統が同じですので頭皮に炎症を起こさせ、ささくれ立ったように傷めてしまう可能性が高い成分です。

 

プロピルパラベン」「メチルパラベン」はパラオキシベンゾエート(パラオキシ安息香酸エステル)の略称で、多種多様の化粧品に含まれています。パラベンには、メチルパラベン、エチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベン、ベンジルパラベンと5種類あります。ブチル・プロピル・エチル・メチルの順に防腐剤としての効果が高いそうですが、肌への負担も大きいので、化粧品類などではエチル・メチルが主に使われています。パラベンには肌への効能はなく、防腐剤の役割をはたすのですが、パラベンが原因で皮膚障害(アレルギー)を起こすという人がたまにいるようです。

 

香料」は厚生労働省が定めた旧表示成分にも加えられているように皮膚に対して刺激があり、炎症などトラブルを起こす可能性の高いとされている成分です。

 

 

 

 

 

株式会社 727
どろパック ヘアエステ EX I-D】使用前の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
727 どろパック ヘアエステ EX Ⅰ-D シャンプー使用前.jpg

 

 

 

株式会社 727
どろパック ヘアエステ EX I-D】使用後の頭皮画像
 ↓ ↓ ↓
727 どろパック ヘアエステ EX Ⅰ-D シャンプー使用後.jpg

 

 

 

 

株式会社 727
どろパック ヘアエステ EX I-D】の評価

 

  指通り      ★★★★★☆

 オススメ度    ★★★☆☆☆

  使用感     ★★★★★☆

毛穴洗浄度    ★★★☆☆☆

 

  安全度      ★★☆☆☆☆

 総合判定     ★★★★☆☆ 

 

 

 

 

香りに関しては、高級な石けんのような
少し表現しにくい感じの香りでした。
個人的には、悪くはないと思うような香りです。

 

 

シャンプーの粘性に関しては、ネバっぽいような
粘性のある感じです。

 

 

泡立ちに関しては、一回目から非常に泡立ちが良く
二回目もスゴく泡立ちが良かったです。

 

 

洗っている最中は、髪が絡む事もなく
洗いやすいと思いました。

 

 

すすいでいる最中は、ノンシリコンの割に
髪が絡むような事もなく良いと思いました。

 

最近のノンシリコンシャンプーとは違い
すすぎ時のヌメり感とかも無く、かと言って
キシみ感も無く、個人的には理想的な
手触りでした。

 

 

洗い終わってタオルドライ直後は、少しキシみ感を
感じましたが、気になる程ではなかったです。

 

 

ドライヤーで乾燥させた後は、髪が絡む事もなくサラッ
とした仕上がりになったので良かったです。

 

 

このシャンプーは、ノンシリコンシャンプーの中で
使用感が抜群にいいと思います。
頭皮の汚れは落ちていますが、毛穴の皮脂汚れが
もう少し落ちていたら、もっと良いシャンプーなのに・・・
と思い残念な気持ちになりました。

 

 

 

 

ノンシリコンシャンプーを使用してみたい方、
サロンでしか取り扱っていないシャンプーを好む方、
などには向いているシャンプーだと思います。

 

 

 

 

全て安全な成分を使用しているシャンプーを使いたい方
ドラッグストアやスーパーなどで手軽に購入したい方には
向いていないシャンプーだと思います。

 

 

 

 

株式会社 727
【どろパック ヘアエステ EX I-D】のページ
 ↓ ↓ ↓
http://www.727.co.jp/lineup/products/hc_1-d.html